犬の保険

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社
電話0120-939-851
お見積・お申込み パンフレット・郵送用申込書請求

犬の保険

犬の保険をお考えの方へ

忠実・誠実・従順なワンちゃん。 一緒にお出かけが出来て、時には飼い主を守り、飼い主の事を思ってくれるところが最高です。可愛いワンちゃんですから飼い主の方も家族同様に健康に気を使っていることでしょう。 しかし、時には病気・ケガをしてしまい、治療が必要になります。犬には公的な健康保険がないため、動物病院での治療費は100%自己負担となってしまいます。そんな時に、治療にかかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険(犬保険)に加入していると、もしもの時に安心です。

犬の保険

犬の病気 様々なケース

Case1

異物誤飲

Case1 間違って何かを飲み込んでしまった…時には命にかかわることも。
開く

犬の誤飲事故は多く、飲みこんだものによって処置が違ってきます。 何かを誤飲してしまった後、いくら犬が元気であっても安心はできません。のどや胃、腸でつまってしまったりして急に容態が悪くなってしまうこともあり、最悪の場合、命にかかわることもあります。

Case1
閉じる
Case2

骨折

Case2 足が腫れたり、かばって歩く様子があれば疑って。
開く

小型犬の前足の骨折が増えています。ほんのちょっとした高さから落ちただけで折れてしまうことがあります。

Case2
閉じる
Case3

椎間板ヘルニア

Case3 ダックス系に起こりやすく、他の犬種では加齢にともなって発症が。
開く

犬の椎間板ヘルニアは、激しい運動や老化で骨がもろくなることで椎間板への負担がかかり、損傷することが原因で起こる病気です。発症すると、足を引きずったり、階段の昇り下りを嫌がるようになります。ミニチュア・ダックスに多く見られます。

Case3
閉じる
Case4

白内障

Case4 歩行がぎこちなく、物にぶつかったり。見えにくいのかな?と思ったら。
開く

白内障は、人間の白内障と同様、眼の水晶体が白くにごってくる病気で、ときには視力(視覚)を失うことがあります。しかし、早い段階で治療を開始すれば、点眼薬や内服薬で白内障の進行を抑えることができます。早期発見・早期治療が大切な病気です。8~10歳以上になると白内障にかかる犬が増えてきます。特にプードル、コッカー・スパニエル、ミニチュア・シュナウザー、アフガン・ハウンドなどは白内障にかかりやすいと言われています。

Case4
閉じる
Case5

下痢

Case5 一過性なら心配ないけど、続く場合は要注意。
開く

下痢の原因はさまざまで、食べものやストレスなどが原因で引き起こされる場合や、寄生虫感染やウイルス感染による病気によって引き起こされる場合もあります。特に子犬や老犬に急性の下痢が見られる場合には要注意で、命に関わることもあります。

Case5
閉じる
Case6

アトピー性皮膚炎

Case6 ワンちゃんだって皮膚のトラブルはつらいもの。
開く

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因のある犬が、空気中に漂う花粉やハウスダストマイトやカビ(真菌)の胞子などのアレルゲンを吸い込み、それらに体内の免疫が過剰にはたらくことが原因で起こります。皮膚のバリア機能や保湿力が低下していることも発症の1つの原因となります。柴犬、シーズー、ゴールデンレトリーバー、ヨークシャーテリア、ビーグル、ラブラドールレトリーバー、マルチーズがアトピー性皮膚炎になりやすいと言われます。

Case6
閉じる

病気の兆候を素早く見つける一番のポイントは、普段の健康な状態をよく把握しておくことです。正常な状態がわかっていれば、異常かどうかを判断する目安になります。 毎日ワンちゃんの体に触れることで、健康状態のチェックも出来ますし、信頼関係を深める事にも繋がります。週に一度は体のすみずみまで意識して触って、ボディチェックを行いましょう。眼、耳、鼻、口、お尻や陰部のまわりが極端に汚れていたり、不快なニオイがしたりしていないか、痛がる部分はないか、しこりがないか、皮膚の色や状態など、ささいな変化も見逃さないように、じっくりと観察して、異常が見つかった際の本格的な診察は必ず獣医さんに任せてください。 忠実なワンちゃん、共に犬と暮らす楽しさは言うまでもありません。 素晴らしい愛すべきワンちゃんの健康をたもってあげて、ずっといっしょにいられることが、幸せな犬との暮らし方になるでしょう。

愛犬のもしもの病気に。

犬の保険

補償内容&プランをチェック!
ちょっと寄り道

肉球ワンちゃんコラム

30秒で保険料がわかる!電卓かんたん見積り・お申込みはこちら 請求

パンフレット
郵送用申込書

のお取り寄せ無料