老犬老猫ホーム

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社

電話0120-939-851
お見積・お申込み パンフレット・郵送用申込書請求

ワンちゃん・ネコちゃんコラム

2014.10.14 更新

老犬老猫ホーム

老犬老猫ホーム

人間は言わずと知れた高齢化社会ですが、わんちゃん、ネコちゃんも高齢化が進み、人間と同じように介護が必要な子が増え始めました。

高齢になっても最後まで面倒を看続けることが一番好ましいけれど、難しい状況がでてきたりします。歩行が困難になったり、排泄が上手にできなくなったり、食事も制限がかかったり、食べられなくなったり、徘徊や夜鳴き等が止まらなくなったり、介助が必要になったり、ご近所から苦情がきたり、自分自身も高齢で介護が必要な状況になったりして、里親を探しても高齢だったり、病気がある場合は難しかったりするのが現状です。

 ワンコ

そこで徐々に増えてきているのが老犬、老猫ホームです。訪問サービスをおこなっているところもあるようです。人間と一緒ですね。入所条件にワクチン接種や、ノミダニ駆除、年齢等、規定があるところが多いようです。預り期間は様々で、生涯預りや、月単位、年間単位、日単位、時間単位等そのホームによって違います。もちろん料金も、内容も同様です。動物病院や、トリミング店等が併設してあるところ、NPO法人で運営しているところ等もあります。

利点は人に譲るのではなく、飼い主はずっと自分であり、いつでも会いに行けたり、自宅に来て看てもらう事で、一緒に生活できる点と、何より自らが安楽死や行政での殺処分する選択をしなくていい点です。

もちろん冒頭にもありますが、『一番は自宅で生涯ずっと責任を持って看とどけること』ですが、それがかなわず、里親も難しい場合は、選択肢の一つとして考えてみてもよいのではないかと思います。

その場合は大切なわんちゃん、ネコちゃんの生涯を託すところになるわけですから、ちゃんと調べて、足を運んで確かめてからにしましょう。


新着コラム

カテゴリーで選ぶ

30秒で保険料がわかる!電卓かんたん見積り・お申込みはこちら 請求

パンフレット
郵送用申込書

のお取り寄せ無料