平成25年 猫品種飼育頭数 ランキング

ワンちゃん・ネコちゃんコラム

2014.08.26 更新

平成25年 猫品種飼育頭数 ランキング

平成25年 猫品種飼育頭数 ランキング

平成25年 猫品種飼育頭数ランキング

一般社団法人ペットフード協会の調査資料の平成25年 猫品種飼育頭数ランキングを見てみると以下のようになります。

 

 1位 ミックス猫(混血猫)

黒猫 猫 猫雑種

 2位 アメリカンショートヘア

丸い顔と頑強なあご、ねずみやヘビと戦ってきたハンターとしての特徴を随所に残した体型です。寒さに耐えられるように被毛はかなり厚めで、短く密度の濃い毛並みです。陽気で明るく、好奇心旺盛。猫じゃらしなどを振るとじゃれついて遊んだり、ネズミのおもちゃを一人で転がしてハンティングごっこをするなど、アメショーは活発に遊ぶのが好き。

 アメリカンショートヘアー

 3位 ペルシャ(チンチラ)

長毛種の代表ともいえる品種で、長く密集した被毛のため、自分でちゃんと毛づくろいすることが難しい。そのため、ほぼ毎日毛の手入れをしてやる必要がある。体つきはずんぐりとしたコビータイプで足が短い。離れた両目と幅の広い顔、つぶれた低い鼻が特徴的。性格は非常に穏やかで温和で、ほとんど鳴くことがなくおとなしい猫と言われています。

 ペルシャ猫

 4位 スコティッシュフォールド

丸い頭、ボディ、目、足先、とすべてが丸で表現される中型の猫。この猫の最大の特徴は小さな耳が前に折れていることで、その為、耳の中が不衛生になりがちですので、最低一週間に一度は耳のチェックとお手入れをしてあげましょう。優しく穏和で愛嬌があります。甘えん坊なので、飼い主と遊んだりそばにいることが大好きです。

 スコティッシュフォールド

 5位 アビシニアン

光り輝くアグーティタビーの被毛と小さな顔、大きなカップ形の耳、スリムでしなやかな体型が特徴の美しい猫です。高貴な雰囲気を漂わせる外見とは裏腹に、非常に甘えん坊な側面があります。活発で、好奇心旺盛ですが、少々神経質な個体もいます。

 アビシニアン

 6位 メインクーン

特にその大きな骨格と三角形の体型、長い毛並みで知られ、色は多彩でその知能と優しい性格も特徴とされる。とても聡明で意志が強い猫ですが、温和で物静かな性格の子が多いようです。

 メインクーン

 7位 ノルウェイジャンフォレストキャット

体はとても大きく、筋肉質なロング&サブスタンシャルタイプです。三角形の顔とタフト付きの耳、そして上がり気味の目も特徴です。 知的で愛情深く、少し寂しがり屋です。

 ノルウェージャンフォレストキャット

 8位 ソマリ

ソマリはアビシニアンから作られた長毛の猫です。キラキラと輝くシルキーな被毛が特徴です。鈴を転がしたように高く澄んだ特徴的な鳴き声もアビシニアンから受け継ぎました。甘えん坊な性格の子が多いようですが、人見知りでナーバスな面もあります。

 ソマリ

 9位 純血のその他(ロシアンブルー、ラグドール、マンチカン、アメリカンカール、シャム等)

 

ミックス猫(混血猫)が圧倒的に多いです。色々な模様、毛並み、性格なのでいろんな子がいます。なにより昔から日本に住んでいるので日本の環境にも馴染みやすくいいようです。


新着コラム

カテゴリーで選ぶ