ペット保険のあんしんペット保険|ペットの高額な治療費の補償に特化した保険

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社
電話0120-939-851
お見積・お申込み パンフレット・郵送用申込書請求

ワンちゃん・ネコちゃんコラム

2014.08.19 更新

犬猫が食べると危険な物


一緒に生活しているみなさんはご存じと思いますが、私たち人間には無害でも、ワンちゃん、ネコちゃんには死につながるような食材があります。全ての子に症状が出るわけではありませんが、下記の物は与えないように気をつけましょう。

 

タマネギを含むネギ類全般(タマネギ中毒)

タマネギ、長ネギ、ニラ、ニンニク等はネギを直接食べなくても、煮汁等でも危険です。症状はネギの成分が赤血球を破壊するため、貧血や黄疸(身体が黄色くなる)、赤褐色の尿が出てきます。重症の場合は輸血が必要になり、最悪の場合死んでしまうこともあります。

 タマネギ

チョコレートを含むカカオ類(チョコレート中毒)  

カカオの成分によって中毒を引き起こします。症状は嘔吐や下痢、多尿、興奮、発熱、痙攣などがみられ、また腹痛や血尿、脱水急性心不全を引き起こす場合もあります。カカオ含有量が多いほど危険です。突然死を引き起こす事もあります。

 チョコレート

キシリトールガム(キシリトール中毒)

キシリトールと言えば虫歯になりにくくする効果で有名ですが、犬、猫が食べると低血糖になり、肝障害を起こした場合、死んでしまうことがあります。

 

ぶどう・レーズン(ぶどう中毒)

犬に危険度が高い食べ物で、腎臓に障害を与え、急性腎不全をひきおこし、死にいたる可能性があるそうです。特に皮が駄目らしいですが、皮をむいて実だけあげるのも、濃縮されているレーズンをあげるのもやめておきましょう。

 ぶどう

ユリ科、ツツジ科植物

お花や植物が好きで飾っている人もいるかもしれません。しかし、猫の場合、そのユリを生けている水を飲んだだけで危険です。犬、猫に有害な植物は数百種あると言われています。生活スペースに置く、植える場合は調べてからにするか、そこには入れないように対策しましょう。

ユリ

 

お散歩の時も注意が必要です。中には除草剤や農薬、殺虫剤が付いている事もあります。雑草等も食べさせないようにしましょう。


新着コラム

カテゴリーで選ぶ

30秒で保険料がわかる!電卓かんたん見積り・お申込みはこちら 請求

パンフレット
郵送用申込書

のお取り寄せ無料