犬と海水浴

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社

電話0120-939-851
お見積・お申込み パンフレット・郵送用申込書請求

ワンちゃん・ネコちゃんコラム

2014.08.05 更新

犬と海水浴


 夏になると暑い。だから涼める海水浴なんかいいかなぁ・・・。お出かけを考えている人もいるかもしれません。

しかし、暑さが苦手なワンちゃんを海水浴に連れていく・・・砂浜は日陰もなく砂も裸足では歩けない熱さになっています。そんな時に一緒に海水浴に連れていくのはどうでしょうか。

海水浴

海水浴を犬と一緒に楽しみたい人は、次の点に注意してください。

 

その場所は動物OK?

まず、動物がNGな場所もあるので確認してからにしてください。普段は大丈夫でも、シーズン中は散歩もNGになっている場合もあります。OKの場所でも、動物が苦手な人もいます。泳がす時以外はリードを付けましょう。普段から呼ぶと来るようにしつけもしっかりしておきましょう。

 

泳げる?

泳ぎが不得意な子もいます(ダックスフンドやフレンチブルドッグ、コーギー、アフガンハウンド、ボルゾイ等)。ライフジャケットがあると安心でしょう。中には水が苦手な子もいます。日本犬に多いようですが、その子の事を考えて水遊びをさせてあげましょう。

 

暑さが苦手

そして先ほども書いたとおり、海辺は日陰がありません。砂浜の温度も高いです。熱中症、熱射病、脱水症状、火傷等も考えて、時間は早朝、もしくは夕方の涼しい時間にしましょう。歩かせる時は手で地面の熱さを確かめてください。

砂浜に落ちているものの誤飲、車内での熱中症にも気を付けてください。

 

ケア

遊び終わったらケガや火傷等をしていないかを確認し、水できれいに洗ってあげましょう。海水を飲んでしまって下痢になる子もいます。排泄物の処理道具は多めに持っていきましょう。

皮膚炎予防の為に大きいペットボトルに水を入れて数本持っていくか、帰りにサロンを予約しておくといいかもしれません。何かあった時の為に、最寄りの動物病院は調べてからにしましょうね。


新着コラム

カテゴリーで選ぶ

30秒で保険料がわかる!電卓かんたん見積り・お申込みはこちら 請求

パンフレット
郵送用申込書

のお取り寄せ無料