ネコちゃんとのお出かけ

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社
電話0120-939-851
お見積・お申込み パンフレット・郵送用申込書請求

ワンちゃん・ネコちゃんコラム

2014.06.25 更新

ネコちゃんとのお出かけ


穏やかな気候になってきて、ピクニックやドライブに、大好きなネコちゃんと一緒にでかけたいなぁ・・・なんて思う事もあるでしょう。

キャット

ですが、残念ながら猫は、犬と違って基本お出かけには向いていません。

環境が変わるのをとても嫌がる猫が多いからです。

 でも中にはお出かけが好きな子もいます。

そんな子に多いのは、物怖じしない好奇心旺盛な子、知らない人がいきなり上から手を出したり、抱っこしたりしても嫌がらない子です。

逆に言うと警戒心が強かったり、怖がりな子はお出かけには向いていないので極力やめましょう。

でも、ネコちゃんを連れてお出かけしなければならない時(動物病院に行くとき等)は、どういうことに注意したらいいでしょうか。

 一番気を付けないといけないことは猫の脱走です。

猫 走る

家の中だけで生活していた猫が外の世界で生き延びることはとても難しい事です。そして素早い上に、いろんな隙間に入り込みます。パニックで脱走した場合、隠れて出てこない(出てこられなくなる)猫を捕まえるのは非常に困難です。

 万が一の為に迷子札をつけておきましょう。マイクロチップ登録も有効です。

 見知らぬ環境ではパニックになる猫ちゃんが多いです。キャリーケースに入れるのはもちろんですが、開けた瞬間に飛び出してしまわないように、ハーネスやリードをつけたり、インナーキャリーや洗濯ネット等に入れてからキャリーケースに入れてあげましょう。キャリーケースの空間が広すぎて落ち着かない子には、タオルやフリース等を入れてあげてください。

 公共の交通機関はキャリーケースに入れていることが原則で予約なしで乗ることができます。ただ、車中で鳴いたり、排泄をした場合はすぐに客席から移動して、他の乗客の迷惑にならないようにしましょう。バスなどはお客さんからの苦情によっては降りないといけなくなる場合もあるようです。

利用する交通機関にあらかじめ詳しいことを確認してから利用しましょう。

猫にとって移動は大きなストレスになります。そのストレスを少しでも軽減するために、ハーネスやリード、特にキャリーケースには慣れさせておくといいでしょう。

でもやっぱり一緒にお出かけしたい。それに一人で留守番は寂しいだろうと連れ出す場合があるかも知れませんが、猫は住み慣れた環境にいる方が落ち着いて生活でき、安心する子が多いようです。

まったり猫

その子がお出かけ向きかどうかを確かめて、お互いストレスの少ないお出かけをしたいですね。


新着コラム

カテゴリーで選ぶ

30秒で保険料がわかる!電卓かんたん見積り・お申込みはこちら 請求

パンフレット
郵送用申込書

のお取り寄せ無料