犬の散歩、夏場に注意

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社

電話0120-939-851
お見積・お申込み パンフレット・郵送用申込書請求

ワンちゃん・ネコちゃんコラム

2015.07.21 更新

犬の散歩、夏場に注意

犬の散歩、夏場に注意

暑い夏がやってきました。すでに気温30度を超える地域もでてきたようです。
犬の散歩は運動不足解消、気分転換や、飼い主さんとのコミュニケーションの場でもあるので夏も楽しく行わせてあげたいですね。でも、犬は暑いのが大の苦手です。夏のお散歩の時は、他の季節よりも気配りが必要になってきます。

犬の散歩

犬の散歩に夏のアスファルトは危険
日中、アスファルトを触ると、焼けるように熱くなっていて、真夏のアスファルトは50~60℃にもなります。ワンちゃんが熱いアスファルトの上を歩くと犬の肉球は火傷をしてしまいます。また、肉球は再生能力が低く、火傷したりケガをするとなかなか治らないデリケートな部位です。
アスファルトだけでなく、熱くなった砂浜やコンクリートのベランダなどでも火傷を負うことがあるので注意が必要です。
そして、犬は地表から近い場所にいますので、私達人間よりも熱をダイレクトに受けます。

犬の散歩は早朝に
一番のおすすめは、朝早い時間帯です。夏なら5時くらいになると、外は明るいので、その時間から日の出まで。太陽が出てくると、気温がドンドン上昇して、地面の温度が上がってきます。
早朝が無理なら、日が沈んで時間が経ってからにしましょう。最近は、気温の上昇も昔とは比較にならないので、夕方になってもアスファルトの温度はなかなか下がりません。
手で触るなどして、アスファルトの温度が完全に下がったのを確認してから散歩に行ってください。

夜間犬の散歩

特に暑さに弱い犬には注意が必要です
犬は、ヒトと違い 汗をかいて体温を調節することが出来ません。犬の汗腺は肉球にしかありません。犬は口から舌を出してハアハアと息をして(パンディング)体温を調節します。
多くの犬が暑さに弱いのですが、子犬、老犬、短頭種(パグ、シーズーなどの鼻の短い種類)は特に暑さに弱いので、注意してあげてください。

パディング

車内への放置も厳禁
ワンちゃんと車でお出かけをして、少しの時間だからとエンジンを切って車内に置いたままにするケースが見られます。真夏の車内は、たとえ窓を半開にしていたとしても、60℃~70℃になります。


新着コラム

カテゴリーで選ぶ

30秒で保険料がわかる!電卓かんたん見積り・お申込みはこちら 請求

パンフレット
郵送用申込書

のお取り寄せ無料