ペット保険はなぜ必要?

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社

電話0120-939-851
お見積・お申込み パンフレット・郵送用申込書請求

ペット保険はなぜ必要?

ペット保険とは

ペット保険とは、大切なペットが病気やケガで診療や手術を受けた場合に、かかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。 ペット保険を扱う会社も増えて、支払う保険金の額や補償内容も様々です。加入を検討されている方は、ペットの種類やご自身のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

ペット保険はなぜ必要?

それはペットの治療費が全額自己負担だから。

ペットには公的な健康保険がないため、動物病院での治療費は100%自己負担となってしまいます。 人間が病院の治療を3割負担で受けられるのと同じような制度があれば助かるのに・・・と思いますよね。 そんなご要望をかなえるのがペット保険です。

たとえば、こんな病気になったとき・・・

  • おもちゃを飲みこんだ!

    異物誤飲

    治療費合計

    136,000円

  • 咳と熱がずっと続く…

    風邪から肺炎

    治療費合計

    60,000円

  • バイクとぶつかった!

    交通事故で骨折

    治療費合計

    168,000円

  • 歩くのも痛いみたい…

    椎間板ヘルニア

    治療費合計

    215,500円

動物病院での治療費は
100%自己負担!

※ケガ・病気や治療費は参考例であり、平均・水準を示すものではありません。また治療費は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

ペットも年齢を重ねると、
病気になりやすい

ペットも年齢には勝てません。 人間と同じように、加齢にともなって病気やケガになる確率が高くなり、治療費の負担も増えてしまいます。

ペットも年齢を重ねると、 病気になりやすい

ペット保険はなぜ必要?

ペット保険に加入するとたくさんのメリットがあります

  • 治療費の負担額
    減ります。

    ペット保険が補償内容に応じて、かかった治療費の一部を負担します。
  • 治療方法の選択肢
    広がります。

    自己負担額を抑えられるため、経済的な理由であきらめることなく高度な治療方法を選択できます。
  • 早期治療・早期回復
    つながります。

    治療費負担の不安が少ないため、早めに動物病院に連れていきやすくなり、病状などが軽くすみます。
30秒で保険料がわかる!電卓かんたん見積り・お申込みはこちら 請求

パンフレット
郵送用申込書

のお取り寄せ無料